Prof. Mikio Sakai, The University of Tokyo

1. 自己紹介

2006年 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻博士課程修了、博士(工学)
2007年 東京大学大学院工学系研究科・助教、2008年 東京大学大学院工学系研究科・准教授、
現在に至る。
現在の主な学外活動・役職 等:英国インペリアル カレッジ ロンドン・客員准教授、Chemical Engineering Science誌(Elsevier)・編集委員、日本粉体工業技術協会 粉体シミュレーション技術利用分科会・コーディネータ
専門:粉体シミュレーション(特に、固体-流体連成問題に関する数値解析)
著書:粉体の数値シミュレーション(丸善出版)
受賞歴:日本計算力学連 JACM Fellows Award(2016年)、粉体工学会論文賞(2011年)、日本粉体工業技術協会研究奨励賞(2008年)、他多数

Mikio Sakai
2. 研究室紹介(ビデオ)
3. 粉体シミュレーションの事例紹介

東京大学・酒井研究室は、世界最先端の粉体シミュレーション技術を有します。粉体流れから固気・固液・固気液混相流まで、粉体が係わる複雑な流れの体系を高度な数値解析モデルで模擬することができます。DEM粗視化モデル、符号付距離関数、埋込境界法、界面捕捉法を組み合わせた高度なモデリングは、実際の粉体プロセスで起こる複雑な現象の把握を可能にしました。

混合

流動化

粉砕

環境

湿式プロセス

分離

粉体ハンドリング

食品粉体技術

輸送

成形

粒子プロセス

4. 最近の研究成果
  • X. Sun, M. Sakai, "Direct numerical simulation of gas-solid-liquid flows with capillary effects: An application to liquid bridge forces between spherical particles," Phys. Rev. E, 94, 063301 (2016)
  • M. Sakai, "How should the discrete element method be applied in industrial systems?: A review," KONA Powder and Particle Journal, 33, 169-178 (2016)
  • Y. Tsunazawa, Y. Shigeto, C. Tokoro, M. Sakai, "Numerical simulation of industrial die filling using the discrete element method," Chem. Eng. Sci., 138, 791-809 (2015)
  • X. Sun, M. Sakai, "Three-dimensional simulation of gas-solid-liquid flows using the DEM-VOF method," Chem. Eng. Sci., 134, 531-548 (2015)
  • M. Sakai, Y. Shigeto, G. Basinskas, A. Hosokawa, M. Fuji, "Discrete element simulation for the evaluation of solid mixing in an industrial blender," Chem. Eng. J., 279, 821-839 (2015)
  • M. Sakai, M. Abe, Y. Shigeto, S. Mizutani, H. Takahashi, A. Vire, J.R. Percival, J. Xiang, C.C. Pain, "Verification and validation of a coarse grain model of the DEM in a bubbling fluidized bed," Chem. Eng. J., 244, 33-43 (2014)
5. 連絡先
名前 酒井幹夫
所属 東京大学大学院工学系研究科レジリエンス工学研究センター
住所 〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学工学部8号館327号室
電話 03-5841-6977
FAX 03-5841-6977
E-mail mikio_sakai_at_n.t.u-tokyo.ac.jp
Please replace "_at_" to "@".
Homepage http://dem.t.u-tokyo.ac.jp/